おせちの中では、さつまいもの栗きんとんが一番!

  •  
  •  
  •  
 

おせちの中では、さつまいもの栗きんとんが一番!

 

お正月といえば、おせちと思いますが、おせち料理を作る家庭が
減っていますよね。

 

原因はいろいろですが、せっかく作ってもおせちを食べない人が
増えているからだと思います。

 

 

 

縁起の良い料理を食べることで、その1年が良い年になるように
食べるのが、おせち料理ですよね。

 

しかし、若い人や子供が好んで食べるものが少ないように思います。

 

 

でも、おせちの中でもさつまいもで作った栗きんとんが別ですよね!
さつまいもの甘さと栗の甘さがマッチして、おやつ感覚で食べれます。

 

おせち料理は食べないけど、栗きんとんは大好き……なんていう人も
少なくありません。

 

 

作り方も簡単なので、おせちを作らない家庭も栗きんとんぐらいは
作ってもいいかも知れません。

 

まず、さつまいもの皮をむいて湯がきます。
竹串を刺してスッと通れば、ボールにさつまいもを入れてつぶします。
次に、熱いうちにさつまいもを裏ごします。

 

鍋に裏ごしたさつまいもと栗を入れて火にかけて、砂糖・塩を少し入れて
出来上がりです!

 

 

あまり煮過ぎないことがコツです。

 

さつまいもを裏ごすのが面倒な人は、フードプロセッサーや
すり鉢を使ってもいいです。
さつまいもをつぶしただけでは、つぶつぶした感じが残り、
なめらかさに欠けてしまいます。

おせちの意味

 

おせちの意味について。
皆さんは、おせちの意味を知っていますか?
“おせちは正月に食べるもの”という意味しか知らない方もいるのでは?

 

 

 

おせちには、黒豆や伊達巻、数の子など、いろんな料理が入っています。
紅や黄色など、色鮮やかで豪華ですよね。
でも、これらの食材は、すべて意味があって入っています。
また、おせちを詰めているお重にも、きちんとした意味があります。
関東と関西では、おせちの内容に違いもあります。

 

 

一般的に、おせちの代表となる料理は、
「祝の肴」と言われており、主に3種類あります。

 

 

1つは黒豆。
2つは数の子。
3つは田作りです。

 

 

関西になると、田作りがたたきごぼうになりますが、
関西でも田作りをおせちに入れる家庭もあります。
ちなみにそれぞれの意味は、「黒豆」“マメに働く”
“マメ(健康)に暮らせる”という意味があります。
黒色ということもあり、“魔除け”の意味もあります。

 

 

 

数の子は卵が多いことから、子宝祈願の意味が。
田作りは、“豊作になるように”という願いを込めて入れます。

 

 

 

たたきごぼうも豊作祈願の意味がありますが、
ごぼうは根をはる食物なので、家族の安定を願う意味もあります。

 

おせち料理 通販 激安

早期予約でお得に!正月旅行は北海道が人気?

 

正月に海外旅行をするのも良いけれど、
国内の旅行も良いですよね。
日本国内では、断然北海道が人気です!
冬ということもあり、雪の降る北海道では、
冬のレジャーがたくさんあります。
そのため、雪があまり降らない地方からの旅行客が多く、
人気を呼んでいます。
また、「海外はちょっと遠すぎる」という方でも、
北海道なら行きやすいのではないでしょうか?

 

 

ただ、年末年始の旅行は、混雑します。
予約も取りにくくなっていますから、
早期予約がオススメです!
夏になると、
すでに年末年始の旅行の予約を
行っている旅行会社が多いので、
早めに予約をしましょう。

 

 

 

ちなみに、北海道で人気の場所は、
札幌・函館・小樽など。
北海道旅行では定番の場所と言っても良いですね。
ツアーもありますので、
はじめての方は利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

「早い者勝ち」の予約もありますので、計画はお早めに!
早く予約をすると、割引制度を使える場合もありますので、
早期予約はとってもお得です。

 

 

●北海道の年末年始の人気イベント
「さっぽろホワイトイルミネーション」
「白鳥大橋カウントダウン」
「地球岬初日の出」
「ダイヤモンドダストin KAWAYU」

 

カニ 通販 激安 一押し

おせちののし鶏は松風焼きと変わらない?

 

のしどりという料理を知っていますか?
おせちに入っている料理の1つで、松風焼きとも呼ばれている縁起の良い料理なんですよ。

 

オーブンで簡単に焼くことが出来ますから、今年のお正月には手作りおせちを堪能したいという方は、作り方を覚えておくと良いでしょう。

 

 

まず用意するのはフードプロセッサーです。
鶏肉と玉ねぎをぶつ切りにしたら、フードプロセッサーにかけてミンチ状にします。

 

調味料はもろみ味噌に卵、パン粉に酒です。
ミンチをアルミホイルの上に乗せて、2センチほどの厚さに伸ばします。
包丁の背で軽く筋をつけていき、最後に白ごまをふりかけてオーブンへ。

 

さめてから切り分け、粉茶を振りかけて出来上がりです。

 

オーブン任せの簡単な料理なので、誰でも作ることが出来ます。
のし鶏が熨斗の由来でもあるというようなことも言われています。

 

どちらにしてもお正月のめでたい料理ということですね。

 

 

さて、今年のおせちはどこのにしようか?
とデパートで悩むあなたに朗報。通販でおせち料理が購入出来ます。

 

しかも味の保証付、プロの料理人が仕上げたおせちが簡単に手に入るんですよ。
色々なタイプのものがありますので、まずはインターネットで情報収集してみましょう。

 

おせち 手作り

おせち料理について